桃と栗が生るまで1年
2017-10-06 Fri 01:18
毎度お世話になっております
記録者・八月一日です。

「 2012年10月30日 」

10月満月のキッカケで始めた
MIHARAMAKERのサイトが

10月満月である
「 2017年10月06日 」 の今宵で

5周年になる
1802日目を迎えることができました。

banner_blog.jpg


絶対いらないだろと思っていた
6桁で設置したカウンターも

いつしか気づけば
5桁にまで到達するほどに

毎度ご訪問いただき
誠にありがとうございます。

桃と栗が両方生るまでは1年。

柿が生る8年までは、あと3年。

柚子や梨が生るほどは
八月一日ではないと思いますが

少しはマシな柿(書き)になるまで
何とか精進していきたいと思いますので

これからも浮世の暇つぶしに
ご訪問をいただければ幸いです!!

11月2日の死者の日まで
MIHARAMAKERサイトは

ハロウィン使用に衣替えした皇一門で
ご訪問を、お待ちいたしております!

『桜雪月蛍の欠片』カテゴリーで

記録者・八月一日がお送りしております。
 
スポンサーサイト
別窓 | 桜雪月蛍の欠片 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
明治改元の日
2017-09-08 Fri 22:30
yukiai_0908.png

明治改元の日なので
【ゆきあいの空 ~明治八方異本~】の
サイト更新しております。

http://miharamaker.web.fc2.com/meiji/index.html

去年の今ぐらいから
ずっと準備に時間を使ってきたので
MIHARAMAKERのゲーム制作の
当初からやりたかったこと

7割くらいは叶えてもらっているので
自分でも完成が楽しみな物語です。

残りの3割は格ゲー要素です。
来年は銀魂乱舞めっちゃやるよ!

もう1件メインの要素を
更新予定でいるのですが待ちなので
現時点では仮置きでおります。

ほぼ、お盆明けからな
結構な強行だったのでね・・・
来月23日以降かもしれませんが

なんとか、それが間に合えば
また22時頃に書き直します!
 
別窓 | 桜雪月蛍の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
MIHARAMAKERの二学期は。
2017-09-08 Fri 01:15
お休みの合間もアンケートや
ゲームのダウンロードをいただき
誠にありがとうございます!!

生活も少しずつ落ち着いて
ちょこちょこ制作は再開しているのですが

二学期になって
学校に行きづらくなっているテンションみたいな
お久しぶりのブログですね。

たくさん楽しいことも貴重なことも
めでたいことも嬉しいことも

うーん、これはどうなんだ?というのも

中の人的にも、制作的にも
色々とあったんですが
リミットなので一旦棚上げで。

そんな感じで
MIHARAMAKERの二学期は
ゆるっと始まっております。

この先も楽しみは沢山あるんですが
まだ解決してない重要案件もあるので

それが歯がゆく、もどかしいばかりで
ただただ無事なことを祈るばかりなこの頃です。

また22時前後に
書き換えて更新します!

ああ、疑心暗鬼よくない。

一通り今、八月一日にできる
更新の準備は終わったので

今日中が難しかったら23時ぐらいから
スカッと復讐劇な匡歌を書きませう~。 

気の強い主人公なので
最初は全然つかめませんでしたが
今はハッキリ白黒ついて楽しいかぎりです^^
 
別窓 | 桜雪月蛍の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
二港開港日
2017-06-02 Fri 23:18
毎度お世話になっております
記録者・八月一日です。

どちらも旧暦仕様ですが
今宵、六月二日は

裏切りの日こと
本能寺の変が起こった日かつ

日米修好通商条約の締結により
横浜港・長崎港の開港記念日

ということで少し前から
今度こそ変えよう変えようと思っていた
サイトのあちこち更新してみました!

いろいろ計画が狂ってきて
新しいエンジンにつまずいたままだったり
今つくるべきはこれじゃないな、だったりで

先送りになっていたゲーム一覧から始まり
新規となるページを数点追加いたしました。

実際の歴史で平安時代に
津波で沈んだ村と妖怪の物語

ban1.gif

「あびき洋館」と

第三次世界大戦で生き残った
三人がそれぞれ主人公となる

ban1_20170602235814d24.gif

「終わる世界の鎮魂歌」を

二港開港なイメージで
今日OP公開を予定していたのですが

どちらもディザーで
ゲームの公開日自体も
来年3月~8月くらいなので

もうちょっと凝ってみようかなと
今回は、もう少しだけ見送りました。

ゲームと違って
OPの大元は制作時間が細切れでも
1時間程度あれば完成できる反面

八月一日のテクニックや発想がない限り
数か月たとうが内容が変わらないものなので
いつもディザーサイトを追加する頃には
公開時の8割完成していたりします。

まあ他の同人OPとか見ていると
うちのクオリティ低すぎだなΣ(゚Д゚)!
となるので若干いらない気もしながらも

今度こういうのやりたいんだよなーと
新作を立ち上げようと思う時は

非常に好みの曲が見つかると
ガーッと、とりあえずOPだけつくって
数日経っても満足しきれなかったのを

素材をお借りしたり
キャラデザしてもらったりで
実際にゲームにしていくのですが

シナリオを進めていく段階でも
自分のモチベーション上げにもなり

OPに台詞を選んで書きこんでいる時も
取捨選択ができるので

八月一日的にゲーム制作の中で
一番早くて楽で楽しい時間です。

**************************************************

中の人のほづみさんは変わらず
6万には届かないであろう蛍集めと

ほたるん

今夜、帰還した不動くんから
今剣ちゃんと修業をしております。

新暦の日付ですが
今日の事件が起こる前に帰ってくるか
起きるのを見届けてから帰るのかとか
そういう日付にこだわって遊ぶのが楽しいです。

見送りボイスを聞きたかったけれど
結末を知っているだけに
これは逆順にしてはいけないのよ(ノД`)・゜・。

ああしていればよかったの後悔も辛いけど
そもそも、どうにもならないこともあるのよ。

だから八月一日は春子様に描いてもらうくらい
今剣ちゃん好きなんだ…!

いまのん

代打の蛍丸の見送りがツボすぎて
阿蘇山に行きたくなりました(*'ω'*)

次は小夜ちゃんかな、
また千両箱が来る時のために
方久な博多くんかな。

シナリオで剣の話を書きたいので
ゲームで予習して(笑)

また先日、入れなかった
岡崎城の夢コラボで本物を見に行く予定です。
某八木さん家のお客さんの話を書くぞー!

『桜雪月蛍の書』
『桜雪月蛍の欠片』カテゴリーで

正式にOPENするだろう秋頃だと
どうも立て込んできそうなので

また来月か再来月には
OP公開しておこうと思っている

記録者・八月一日がお送りしました。
 
別窓 | 桜雪月蛍の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
地下に眠る千両箱
2017-05-08 Mon 00:08
毎度お世話になっております
記録者・八月一日です。

402年前だと
大坂城が落城している頃ですね。

昔は旧暦使用で
明治5年の十二月二日までは
必ず十五日が十五夜になる暦なので

戦国時代でいう五月八日は
今年だと6/2にあたるのですが

さらに閏五月もある年なので
7/1も旧暦閏五月八日とか

GW2回あるかと思える感じの
ループするような旧暦感が好きで
シナリオにも多々取り入れてしまいます。

明治5年の十二月二日の次の日が
明治6年の1月1日になるとか
なんて厨二心のくすぐられる仕様デスカ(*´ω`*)

去年の今頃に
今年の四月一日企画を始めた頃は

戦国遊戯でも
一度、この閏月を加味してみようと

旧暦五月二十九日で
フラグが全リセットされて
旧暦閏五月一日になってしまって

旧暦六月二日を向かえず
本能寺の変が起こらないという
そんなシナリオ書こうとしていた時期がありましたが

旧暦六月二日まで滞在すると
新暦の日付では7/24なので

実際、書いている途中で
「めんどくさいわ!」となって辞めて

新暦6/1から旧暦五月七日に飛んで
旧暦六月二日から新暦6/1に帰ってくる
GOODルートな今の仕様に落ち着きました。

実際、戦国遊戯で
有栖川三兄弟が過ごしている
銀色週間のある2015年だと
6/1は旧暦四月十五日なので

時間軸の狂った桂花南町ならではの物語で
四月一日企画は非常に楽しいです!

ということで、地下に眠る千両箱の話。

林先生の徳川埋蔵金みながら
豊臣千両箱の最下層を潜ってきました!

nakihota_s.png

銀髪中毒の八月一日が組むと
だいたいこうなる内番と
EV特典の大阪城風背景ヾ(≧▽≦)ノ

一期さんを置くと涙で曇るので
一通り遊んだら、速攻で蛍に戻ってますが(笑)

もし、この背景が使えたのならば
是非に明朝版を書きたいですねー。

ギリギリまで10階を回ってから
クリア後に博多さんと出会ったのですが

大阪城でレベリングしていると
瀬戸方久に見えてしょうがないヨ(笑)

さてさて、それでは
たまに そんな大阪城と絡んでくる
ゆきあいに浮気しながらも

本命の匡歌に戻りませうか。

『桜雪月蛍の書』
『桜雪月蛍の欠片』カテゴリーで

記録者・八月一日がお送りしました。
 
別窓 | 桜雪月蛍の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 桜雪月蛍の書 | NEXT>>