半夏生と『月行き夜船』
2015-07-02 Thu 22:03
一ヶ月に二度の満月があるブルームーン

その一度目である今宵は

こっちを公開しようと思って
昨日は書き出したことを
最弱王決定戦を見ながら思い出し

再びの記録者・八月一日です。

ちびっこ編を書こうと始めたはずなのに
即効で大きくなっておりますが

篆書に入れるのも
帝国編に入れるのも違う気がしたので

今回の白秋編には
篆書版では留守にしていた兎さん

月に渡航する際に出会った人物に
言葉を学ぶという物語を追加しました。

ちょうど大河で東行さんver.で
初登場するあたりの時期に書いていたんですが

この記録には『自称☆西へ行くもの』が
登場していたりします。

今回の素材を探す過程で
ネタにしていた海賊で浮気ものを

もしかしたら書けるんじゃないかとか
淡い期待を抱いたりしていたんですが

確実に永遠少年より
ワイルドな冒険野郎な義手様に
ときめきを感じる人種ですよ、八月一日は(^_^;)

『桜雪月蛍の書』
『拒の章』カテゴリーで

男やもめルートしかない極楽乙女ゲは
どこかにないものかとか思いながら

記録者・八月一日がお送りしました。
スポンサーサイト
別窓 | 拒の章 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
旧暦四月一日&白秋編【5/20追記】
2015-05-18 Mon 18:35
記録者・八月一日です。

今宵は旧暦四月一日ということで

エイプリルフール~12日まで
公開していた狂草真書版を

18日0時からが難しかったので
20日30時くらいまでは
再公開してみておりますので

人物設定狂いまくりの
無限BADオンリーでもよろしければ
お手にとってみてくださいませ。

現時点でのアンケートの結果的には
この狂草は完全に地雷のような気もしますし

MVで出ているように語り手である
彼が苦手な方は十分ご注意くださいをば!

あとは、このままじゃ
三年は公開できない白秋編も
冒頭8分ver.で先行公開してみました。

異常にメルヘンな言い方をすれば
【子兎くんに飼い主が見つかる】

そんな子兎くんと王様の物語です
↑絶対に危険度が違うよね?(^_^;)

【05/20追記 22:20】

予告通り狂草は、あと8時間ほどになりますが
また、よければ更衣の頃によろしくお願いいたします。

『桜雪月蛍の書』
『拒の章』カテゴリーで

記録者・八月一日がお送りしました。
別窓 | 拒の章 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
過ぎたけど、神凪祭(かんなぎさい)記念
2012-11-29 Thu 21:31
記録者・八月一日です。

まだ作り途中ではありますが
HPを公開し始めた神無月の満月から、約一か月。

約一か月記念ということで
この霜月の満月に更新…となるはずが
すっかりと忘れていた今宵の月は十六夜ですね(゜_゜>)アレ?

さて、ここへきて『元の章』仕様変更をいたしました。

元コレフェイス

とはいえ髪型を変えただけで
前と、中の人的なところは同じになります。

八月一日的に「王子といえば、ストレート栗毛色!」という
固定概念から、どうしても抜け出せず…。

けれど、自分ではちっとも描けもせず……。
(右端の、のっぺらさんが見苦しくも初期の八月一日画です)

けれど「とくだ屋様」の絵は、やはり好きすぎます。

そうして数日前に追加なされた素材を見て
数時間後には、もうこうなっていました。

結・易・反でもそうなんですが

烏帽子に関して未だに迷っている八月一日ですが
この方に限っては、必須のような気がしています。

とある事情により
11月23日に公開するはずが
またもや、すっかり忘れていた八月一日デスヨ。
(このお方にとって、すごく大事な日だったのにな…(/_;)

ちなみに、タイトルの「神凪祭(かんなぎさい)」というのは
この11月23日を元にしたゲームで行われるお祭(?)の名前です。
(しているだけで八月一日、その詳細は不明なんですが)

用語解説的なので、おいおい語ると思いますが。

色々と他のところの画像は変えていませんが
また、おいおい変えていこうと思います。

『桜雪月蛍の書』
『元の章』カテゴリーで

記録者・八月一日がお送りしました。
別窓 | 元の章 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
反の章、人物語り
2012-09-26 Wed 22:57
桜雪月蛍の立ち絵は
「とくだ屋」様から使用させていただいております。

・・・が。

今回は、両サイドで衣装が八月一日画です。

なお世界設定は、こちらで確認ができます。

桜塚 命 さくらづか みこと

左近の藤原、右近の桜塚といわれる

現右大臣である桜塚右近の養子であり
史生(書記官)を務めている下級の役人です。

それに加え、最近は舎人の職を押し付けられてしまい

かなり多忙な毎日を送っているためなのか
少し怒りっぽいところのある人物です。

生真面目な性格から反応が面白いと
光明に、日々付きまとわれてはからかわれているので

かなり、うんざりさせられています。


なので、そんな命に会えるかどうかは
運しだいといったところ。

その細き運命を、気長に探していただければと思います。

以下、物語の最大の確信に迫ります・・・。

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆
反の章、人物語りの続きを読む
別窓 | 反の章 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
易の章、人物語り
2012-09-03 Mon 21:56
桜雪月蛍の立ち絵は
「とくだ屋」様から使用させていただいております。

・・・が。

今回も安部光明の衣装は、八月一日画です。

なお世界設定は、こちらで確認ができます。

安部光明 あべの こうめい

本来は、あまり都にいることのない自由人ですが

安部家の陰陽師として
ある時の夢見の儀式に参加したことで出会うことになります。

その時に、この桜雪月蛍の世界では
すでに死後何年もたってしまっているはずの

生前、遺言で伝えられていたという
「清明最後の弟子」を大真面目に名乗ったりして

からかうような話し方とその笑顔を
常に崩さない光明は、他の面々から
大分、うさんくさい人だと思われてしまっています。

けれど夢見で未来を見ることができる力を持つはずの
宮ですら、彼の未来は見ることができず

力が不安定になってしまった時に助けられてからは
宮にとって、光明は何かと頼りにしてしまう存在です。


立場的にも、いつ何事でも
中立に「宮」を見守るお兄さんですね。

そんな光明さんのお名前は
三国志の諸葛亮孔明と
陰陽師の安部清明から、もじらせていただきました。

CVイメージは、日野聡さんや福山潤さんに

「あっははー♪」と笑い飛ばれたり
「ええー・・・\(-o-)/」といじけられたいです。

『桜雪月蛍の書』
『易の章』カテゴリーで

記録者・八月一日が短めにお送りしました。
別窓 | 易の章 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 桜雪月蛍の書 | NEXT>>