過ぎたけど、神凪祭(かんなぎさい)記念
2012-11-29 Thu 21:31
記録者・八月一日です。

まだ作り途中ではありますが
HPを公開し始めた神無月の満月から、約一か月。

約一か月記念ということで
この霜月の満月に更新…となるはずが
すっかりと忘れていた今宵の月は十六夜ですね(゜_゜>)アレ?

さて、ここへきて『元の章』仕様変更をいたしました。

元コレフェイス

とはいえ髪型を変えただけで
前と、中の人的なところは同じになります。

八月一日的に「王子といえば、ストレート栗毛色!」という
固定概念から、どうしても抜け出せず…。

けれど、自分ではちっとも描けもせず……。
(右端の、のっぺらさんが見苦しくも初期の八月一日画です)

けれど「とくだ屋様」の絵は、やはり好きすぎます。

そうして数日前に追加なされた素材を見て
数時間後には、もうこうなっていました。

結・易・反でもそうなんですが

烏帽子に関して未だに迷っている八月一日ですが
この方に限っては、必須のような気がしています。

とある事情により
11月23日に公開するはずが
またもや、すっかり忘れていた八月一日デスヨ。
(このお方にとって、すごく大事な日だったのにな…(/_;)

ちなみに、タイトルの「神凪祭(かんなぎさい)」というのは
この11月23日を元にしたゲームで行われるお祭(?)の名前です。
(しているだけで八月一日、その詳細は不明なんですが)

用語解説的なので、おいおい語ると思いますが。

色々と他のところの画像は変えていませんが
また、おいおい変えていこうと思います。

『桜雪月蛍の書』
『元の章』カテゴリーで

記録者・八月一日がお送りしました。
スポンサーサイト
別窓 | 元の章 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
元の章、人物語り
2012-08-01 Wed 00:00
桜雪月蛍の立ち絵は
「とくだ屋」様から使用させていただいております。

・・・が。

今回の高明帝の衣装はシワの描き方がわからない、
菊紋も16個ではない、適当に描いた美術2の八月一日画です。

あと平安時代的に必須な烏帽子さんも、どうするか悩み中です。

きっと「とくだ屋」様ならば、もっと美麗になるだろうに
八月一日だとこの体たらく・・・ホント、申し訳ないです。

なお『桜雪月蛍』の世界設定は、こちらで確認ができます。

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆

南雲帝 高明 なぐもてい たかあきら

国に夜明けを導いた「東雲帝(しののめてい)」とされる前帝とは違い、
国を乱す春の雷雲「南雲帝(なぐもてい)」という揶揄されている
前帝の皇子であり東宮であった、現・月許国の若き帝。

国を守ろうという意識は強いのだが
海千山千の大臣たちを説き伏せる力はまだなく、空回りしがちで
実権のほとんどは、すでに関白の手に渡ってしまっている。

前帝の存命中から「夢見嫌い」として有名で
「宮」をなくそうとしている「急進派(きゅうしんは)」ではないかと疑われるほど。

帝である自分より「宮」を尊重することをよしとせず
予言ではなく、自力で国を守ろうとしている「宮」の許嫁。


この高明という名前、八月一日は高貴な名前を付けるなら
「○○あきら、な気がする!」という安易な語呂感覚から付けました。

でも、そういえばと大河を見ていて思ったのですが
皇族の名前って「○○仁(ひと)」なんですかね??

でも、もう高明の名前になじんでしまっていたので
そのまま進めていたら、今度は「光源氏」のモデルの一人
「源高明」という人がいるらしいんですヨ。

この人、臣籍降下しているから帝にはならないんですけど
とある事件で失脚してしまうんですね?

で、それを仕向けたのが
八月一日が適当に名付けたはずの、桜雪月蛍・月許国の関白と同じ名前らしくて。

(あれ、なんの因果・・・??)

ちなみに「日本史」では、その事件をきっかけに摂関政治がはじまったとか。
授業のどこかで習ったものが思い出されたのかなー・・・。

なので今、名前しかでてこない人とかは
それつながりで仮名設定している人が何人かいらっしゃいますネ。

さて、この高明帝は一体どんな未来を辿るのでしょうか?

もう少し続いてから、物語の最大の確信に迫ります・・・。
元の章、人物語りの続きを読む
別窓 | 元の章 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 桜雪月蛍の書 |