はるめい★
2015-10-31 Sat 23:43
毎度、銀色のDL・アンケートまで
ご協力をくださいまして
誠にありがとうございます!

京都大火編はじまるギリギリくらいから
HPの使用を少々変えてみました

記録者・八月一日です。

今年の旧暦九月二十六日は
来週の土曜日なんですが

本日は(西暦の方の)
『はるめい★1010年』だったので

二条城いって『ゆきあい』にも
大政奉還だすべきだろうかとか悩んだり

晴明神社で(勝手に)
お世話になっておりますとか御礼参りしたり

菅原院天満宮行って
もっと平安勉強しようとか思ったり

このままで、ぬばたま間に合うかなと
池田屋で変若水やら飲んで気合を入れたりだったので
一つの時代に落ち着けよと突っ込まれながらも

秋季一般公開と一緒に
8時間がっつり聖地巡ってまいりましたー。

昔むかし最初に遠足で訪れた頃は
その後十年どっぷりゲーマーになって
自ら作ってるなんて思いもしませんでしたが(^_^;)

西暦の方の『はるめい★』である
09/26には平城宮行ったり

桜の頃に出張かねて
夏の陣から400年記念の大阪城行ったりとか

普段、蓑虫の基本ゲーム画面オンリーだったので
リアル探索できて楽しかったです。

haru_0221.jpg

本編で出しそびれたんですが裏サイトで触ると
耳付き籠なしの『はるめい★冥界ver.』で見られます。

『桜雪月蛍の書』
『桜雪月蛍の欠片』カテゴリーで

鞍馬寺とか鴨川とか行くには全然足りず
有栖川邸も間に合わなかったので

春季こそは、しだれ桜リベンジしたい

記録者・八月一日がお送りしました。
スポンサーサイト
別窓 | 桜雪月蛍の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
十三夜、2つの月
2015-10-25 Sun 22:29
毎度、銀色のDL・アンケートまで
ご協力をくださいまして
誠にありがとうございます

記録者・八月一日です。

桜雪月蛍の主人公との共通点といえば
正確な場所は都と難波で別場所ですが
同じ町・同じ学校出身で

センターパーツの従兄弟同士の彼がきっかけ
という三点くらいなので

無論メインの男子に票をいただけるのも
サブだろうと誰もが嬉しいんですが

予想外にあれだけびくびくしてた
主人公に票が入っていて感動ものです。

短編のせいか反応が早く
最初の投票が彼だったので嬉しくなって

即効で追加シナリオとか書いたので
表紙に日常編の予告など置いております。

今年になってから枯池様の素材に出会って
突発的につくりたくなったものなので

更新履歴をたどったらOP公開くらいしか
書いてなかったことに今更気づきましたが

よければサブキャラですが【ゆきあい】には
銀色主人公の前世版が出演するので
ご興味を持っていただければ幸いです。

これは11月3日がある種の記念日なので
またその頃に更新したいんですが

今宵は十三夜なので
篆書版の裏サイトに【二つの月】小話
追加させていただきました。

台詞部分の色づけをしていたら
ゲームつくるのとそう変わらないことに
気づいてしまったりしながら

11月8日の平安京命名の日の
真書バージョンアップ時にゲーム用のパッチに
作り変える予定でおります。

基本的に好きなのは
桜雪月蛍みたいな和風の動乱もので

根が義務教育府民なせいか
三谷さんとかクドカンさん系が
定期的に摂取したくなるので

素材サイト様や絵師様とのご縁次第で
こういう系も記録していくと思います。

あとは乙女ものなので
より傾向が強いのかもしれませんが
既に八月一日は彼岸の人なので余計そうなのか

なんたって四月一日企画で
父様の昔を綴る予定でいるくらいには

シリーズ別にして二作目にして
基本センパのファザコン主人公が
これからもデフォルトになっていく気がしますね(^_^;)

季節がGWでなくSWがメインなのは
学校ものなら二学期の長さが異常なせいと

かつ毎回必ずあるものじゃないレアものさと
切なげな秋が一番好だからなんですが

この純粋にお名前に
【秋】が入っているというだけじゃなく

ミツバ編から入ったので余計に
同じ作品で爆笑から号泣まで
多彩な空知先生が好きなんだと思います。

なんか銀色の次がぬばたまとか
この先のタイトルの言い訳っぽいですが(^_^;)

『桜雪月蛍の書』
『桜雪月蛍の欠片』カテゴリーで

それでも、ご回復を心よりお祝い申し上げたい!

記録者・八月一日がお送りしました。
別窓 | 桜雪月蛍の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
過ぎたけど銀色週間 [10/20 追記]
2015-10-19 Mon 02:00
丑三つ時に記録者・八月一日です。

銀色週間から一ヶ月も過ぎましたが
ようやく準備が終わりまして

夕方から、ふりーむ!様にて
公開が始まっております。

早々にMIHARA MAKERなのに
紹介文のタイトルに「三」が足りないという
アホなミスを侵しましたが(/_;)

有栖川兄弟の銀色週間は
http://www.freem.ne.jp/win/game/10299
こちらで公開中です。

うん、そりゃ「1」足りないはずだ(笑)

シークレットな「ゆかりん」が前面に出た
公務員二人とたこ焼きのシュールさとか

人のこと言えない杏ちゃんの説教度が高く見えたり
そんなことは、どうでもええんですが

画像が自分で思っていた以上に
キラキラした青春ものにみえて

ネガティブの引き出しは大量にあるんですが
ポジティブの引き出しがないので
主人公が受け入れられるか非常に心配です(^_^;)

モブで西軍大将とか蛍大名とかもでてますが
八月一日が一番好きなのは

悪は削除!×妖艶傾国な
BASARA寄りの浅井夫婦だったり。

ちなみに梵天丸様と会いに行くのは
とか
美ら海のジンベエさんです。

義務教育は府民だった八月一日は
「好きだ」より「好きや」に
自分でつくっていて、はずい思いをしました。

年下従兄弟の青春を
覗いている気になるからでしょうか?

直視しづらかったので誤字ってると思いますが
刹那でも楽しんでいただけば幸いです。

同じ町なので桜雪月蛍キャストが
ところどころモブってます。

(前と比べれば)ゆるゲーだと書きながらも
杏ちゃんと同じ後悔からはじまった記録者人生なので
今後も彼岸シナリオ多めですが

コンセプトは会いたい人には
会えるうちに会っとこう、たこ焼きADV!

b_shin2.jpg

[10/20]

個別3ルートと秋の陣
ほぼ同一の空白BAD含めて

エンドの良し悪し確立は五分五分の
8つに落ち着きました。

きっと初めにつくるべきは
このくらいの長さだろうに

8ルートから始まった制作を
こそこそ7日間くらい公開しながら

月蝕きっかけで草書を
ふりーむ!様デビューさせてから
いつの間にか一年越えとか
瞬く間に過ぎていった気がします。

今年はM81企画と称して頑張ってきましたが
今日からは両へい.かともが御年81とか。

来年も走れるかなと思いながら
とりあえず十三夜シナリオと
桜雪月蛍のバージョンアップ頑張ります。
別窓 | 桜雪月蛍の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ていたん
2015-10-12 Mon 23:50
記録者・八月一日です。

今宵は新年まで81日!

桜雪月蛍の史実人以外では
唯一、誕生日の決まっている
『ていたん』になります。

banner_160x600ao.jpg

前記事に年末書いてありますが新年です。

某声優さん関連で日付を調べていたら
BDが年末まで81日と書いてあったので

たまに元旦さんと書いてしまっていた
篆書の美凪帝が新年BDなので

今日が新年まで81日なら彼もそうしようと
あと何となく天秤座だろうと思っていたので
去年の今頃に唐突に決まったBDですが

真書版を見返してみると
暦的に秋彼岸に謁見してから
マニュフェスト的なのを語るまでの間に
BDを迎えていたりしてます。

彼が本編で幾つになったのかを書くと
『書の仕組み』根本のネタバレになるので
『永遠の1×歳のBD』ということで!

基本、平安時代なので
新年とともに歳をとるパターンなので
誕生日イベントつくっていいのかアレですが

書きたいテーマがあるので
『中秋日記』と題して十三夜に
小話をUPできればと思っております。

かぐたん・はるたん含めて
真書版のバージョンアップ時に間に合えば
篆書版の追加パッチをつくれればと思います。

とはいえ、その前に銀色なんですが

現在、二日分の記録の穴埋めは終わって
ただいま難波弁システムの修正中です。

ON/OFF可能じゃなければ
今日でも公開できたんですが
方言萌えこそ銀色の記録ポイントなので
フラグが上手くいくようにとあがいております。

だからこその『難波府/なにわふ』設定なんですが
一体ここは京都なのか大阪なのか

彼が作っているのもたこ焼きだか明石焼きだか
正直、分からなくなってきていたり(^_^;)

もうちょっと、もうちょっとと
もう二度目も機会を失って

世は既にハロウィンモードなので
正直、遅刻感半端なんですが

仮に19日にできていたとしても
賞味期限7日のテーマなので
いまだに開き直って作っております。

15日、最悪一ヶ月遅れの19日から
とりあえず2026年まで公開予定です。

桜雪月蛍とは180度シナリオの方向性違いますが
遊んでいたただければ幸いです。

『桜雪月蛍の書』
『桜雪月蛍の欠片』カテゴリーで

次の更新時こそは公開しよう!な

記録者・八月一日がお送りしました。
別窓 | 桜雪月蛍の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 桜雪月蛍の書 |