FC2ブログ
壱の刻
2012-05-26 Sat 22:51
ただ今、個別章に奮闘中の記録者・八月一日です。

さて、そのシナリオを書いているときは
一人でああでもない、こうでもないと葛藤しているわけなのですが
ゲームのスクリプト作業というのは、ものすごく報われるものです。

八月一日的にパズルみたいなものでして、

このシーンは背景にこれを使って、とか
この音楽を流して、この効果音がないといけないなとか

考えることの多いシナリオとは違い、
直感的にあてはめていくだけでできていくので

簡単な上に作業の進み具合が、やたらと速い!

まあ、動作確認もかねてプレイたりして
微調整していると、あちこち躓いてるんですがね?

それにより足りないなと思うところを加筆したり
修正したり、余分なところは削減したり……。

一度書いたシナリオを客観視し
添削するのに、とても役立つ作業です。

それにより、新たな物語が生まれたりもしています。

ビビりの八月一日は舞台には立ちませんが
これ、演劇部で脚本を書いたときに似ています。

『脚本者が演出もする』というのが伝統なんですけど
八月一日ほど、向いてない演出家はいなかった……。

キャスト決めから、
舞台装置・衣装・小道具・照明・音響のアイディア。

ここまでは、まだいいです……説明は苦手ですが、伝わったので。

で……あげく、舞台立てない八月一日が演技プラン。

宮藤官九郎さんとか三谷幸喜さんとかをテレビで見たり

脚本・演出、
さらに主演とかやっているのを見るたびに

もうね、涙です……うらやましすぎるよ?

ですが、優しい人ばかりでよかったなと思います。

紆余曲折あれど、なんとか上演させてもらうことはできたので
ものすごい経験を積ませていただきました。

今までは、文字が主体で
52字の日本語で、いかに表現するかが肝でした。

けれど、ノベルゲームともなると
視界の絵だけでなく、音までがあるわけですから
とても演出の幅が広がります。

その分、想像の余地が減ったともいえるわけですが
とはいえ双方とも独自の利点があり……。

というか、それ以前に
シナリオがうまくできないと、何にもできないや!

結局は、筆力が大事になるだけですよ……。

うん……頑張ろう、シナリオ。

『桜雪月蛍の書』
『棚に埋もれし書物』カテゴリーで

記録者・八月一日がお送りしました。

スポンサーサイト
別窓 | 棚に埋もれし書物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<弐の夜 | 桜雪月蛍の書 | 壱の夜>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| 桜雪月蛍の書 |