FC2ブログ
認の章、人物語り
2012-07-02 Mon 22:25
さて、今回からは登場人物語りとなります。

桜雪月蛍の立ち絵は
「とくだ屋」様から使用させていただいております。

(今後のイベント絵が今、一番の課題ですね…)

なお世界設定は、こちらで確認ができます。

まずは、主人公。

宮(みや)、宮様、夢見の巫女

下級貴族である宮家(みやけ)当主からしか生まれないという
『夢見(ゆめみ)』と呼ばれる『夢に未来を見る力』を持つ巫女であり

四季宮(しきみや)と呼ばれる春夏秋冬の四つの宮の一つである
秋宮(しゅうぐう)の主・秋の宮(あきのみや)の娘である秋姫(あきひめ)。

月許(つきもと)は、この夢見の力により
ラインバーグ帝国の侵略から国を防衛し
かろうじて独立を保っている。

この「宮」というのは彼女の名前ではなく役職であり
個としての感情を持たぬようにと、真の名は付けられていない。

未来予言は神の力とも呼ばれるため
夢見である「宮」も平等であることを求められる。

なので、歴代の夢見は「帝の許婚」として
月許という国に準じることが既に決まっており

10年前、それが東宮であった今上帝に
正式に定められているとはいえ、今まで会ったことは一度もない。

おそらく即位したばかりの今上帝とは
次回の夢見の儀式で、顔を合わすことになるだろう・・・。



というのが、主人公の宮ちゃんです!

衣装は暫定的なものでして
今後、加工して巫女っぽくするかを迷い中…。

「夢見」は、一般的には知られていない影の存在なので
巫女服にして目立つのはどうかとも思いながらも

さすがに、これは平安時代なのかや? と思うのですよ…。

とはいえ大層な肩書のわりに
宮ちゃん本人は未来が見えること以外、いたって普通に呑気です。

敵ではないとわかっているので
侵入者に対しても警戒心がありませんし

おじ様大臣たちのと関わりが主なので

積極的にお友達を増やそうとしてしまい、
警護者に怒られてしまうような女の子です。

前帝が存命中に息子である今上帝の話を
あれこれと宮に聞かせているので、
会ったことはないけれど、なんとなく知っています。

「平等」であることを求められてきたので
許婚という事実もすんなり受け入れている・・・。

ですが、泥沼の政界のど真ん中にいるため

国の神ともされる夢見を利用したい者も
たかが下級貴族が、と疎ましく思っている者も当然います。

それらの感情を「はっきりと知り」「見分け」「ゆるし」
そんな「認」める力のある女の子です。

では、主人公に本当に名前はないのか??

以下、物語の最大の確信に迫ります

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆

秋津木(あきづき)ほたる

はい、制服です・・・現代人ですネ?
月許、ちっとも関係ありません。

普通に「日本」で、桂花(けいか)高校に通う学生さんです。

『夢見』なんてSF設定のない
だいぶ数学が苦手なくらいで、中身はいたって普通の女の子。

周りからは、頼りないなと思われがちですが

子供の頃、初恋の男の子に
「笑顔は元気の元」と教わってからは、どこでどう間違えたのか

「大丈夫」と言い張って無茶してしまうくらいに
どんな時も笑顔を心がけているような、芯の強い子です。

髪留めのスミレのヘアピンと
(見えないかもしれませんが、これでもスミレのつもりです)

琥珀の首飾りを、とても大切にしています。


序盤は、この「ほたる」さんの
桂花高校での二年目の学園生活として物語は始まります。

日本の古来の名前である「秋津国」と「秋月」をかけ命名した
苗字の「秋津木」は固定となります。

もし「秋津木」の家に生まれていたら・・・。

そんな、あったかもしれない「秋津木家」での物語です。

今は、夫婦別姓もありますが
八月一日的には、女子って苗字で未来が変わる気がするので固定。

ほたるさんのCVイメージ
放送中のアニメによって、ころころと変わっています。

悠木碧さん(まどか)だったり、茅野愛衣さん(めんま)だったりetc

それだけ素晴らしいアニメ・声優さんがいるということでもありますが
とはいえ、いかに八月一日がミーハーなのかがよくわかるナ。

ずっと考えてはいるのですが、いまだに未定ですネ。

(そこで、アニメ化なんてスルカヨという突っ込みはスルーでお願いしますヨ?)

それから・・・。

桜葉 光 さくらば ひかり

これは立ち絵外の設定なのですが
「スースーするから」という理由で、光ちゃんは裾を二・三回折り返して
入学式から、常にスカートの下にはジャージを着用しています。

その入学式でほたるさんを「ナンパ」「告白」して
お友達から始まり、今では親友に昇格しました。

やたらと勘がいいので、それをネタにからかったり
面白いことが大好きなので、さらに事を大きくしたり・・・

果ては自ら事件を起こしたりと、猪突猛進の暴走娘です。

「ほたる」さんは、それに振り回されながらも
破天荒な行動の多い光ちゃんに、うっかりドキドキワクワクとしてしまうので
からかわれることもしばしばです。

とはいえ何故か、この二人の仲はすこぶる良いです。

同じ桂花高校の二年生には、性格真逆な超優等生の双子の弟がいて
セットで呼ぶときは「双子桜(ふたござくら)」とも言われます。


光ちゃんのCVイメージは、ずっと喜多村英梨さんだったのですが
最近では豊崎愛生さんもそれっぽいかもなと思っています。

とにかくこの光ちゃんというのは
次にしでかす行動が、まったく読めない子なのです。

・・・しかし、語るとどうしても長文になってしまうナ。

では、今回はこの辺で。

『桜雪月蛍の書』
『認の章』カテゴリーで

記録者・八月一日がお送りしました。
スポンサーサイト



別窓 | 認の章 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<護の章、人物語り | 桜雪月蛍の書 | 参の刻>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| 桜雪月蛍の書 |