FC2ブログ
拒の章、人物語り
2012-08-27 Mon 23:11
桜雪月蛍の立ち絵は
「とくだ屋」様から使用させていただいております。

・・・が。

今回もエニシ(仮)の衣装は一部、八月一日画です。

なお世界設定は、こちらで確認ができます。

エニシ(仮)

赤き瞳と銀の髪をしているため
すぐに月許の者ではなく異邦人だとわかる、ナナシの男。

ある日、宮家の庭で
重傷を負っているところを「宮」に助けられ

瞳の色から『赤き縁の糸』にたとえられ
名を付けられてからは「エニシ」と名乗るようになる。

そんな外見に反し、言葉使い自体はとても流暢だが

槙二郎が渡した着物の着方までは知らず
かつ、あまり意味を成していない。

命の恩人である「宮」に
槙二郎のように護衛をしたいと申し出るも
あっさりと断られてしまうが、まだ諦めてはいない様子。


もう、これだけでも
ある意味ネタバレの塊のような人ですが

「夢見」である宮ちゃんには
エニシの正体は、すぐにでも判明します。

彼は、一体誰なのか?
何故、エニシはここへ来たのか。

以下、物語の最大の確信に迫ります・・・。

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆

緒方縁 おがた ゆかり

桂花高校二年である「ほたる」のクラス担任教師。

誰もが驚き、桂花高校の裏七不思議とも言われるほどの
彼の担当は外国語ではなく「数学」です。

あまり教育熱心とは言えない、やる気の感じられない先生ですが

「面倒だ」が口癖な言動のわりには
面倒見のいい、世話焼きなところがある生徒思いの先生です。

一部の生徒からは『ユカリちゃん』と親しみをこめて呼ばれるほど。

授業はわかりやすいと有名です。


なの・・・ですが、それでも申し訳ないくらいに
たいぶ、数学が苦手なのが主人公の「ほたる」さんですヨ。


しかし、先生との関わりというのは
基本的に得意科目を担当してくださる先生よりも

苦手科目を担当してくださる先生の方が
圧倒的に多くないですか・・・?

その先生のことは嫌いじゃないんだけれど
苦手科目の先生だと思うと・・・、ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

・・・って先生に対しては、コレだいぶ失礼なことなんですけどね。

前に八月一日、一度、二大苦手科目が担任の先生&副担任の先生だった時は
クラス替えの掲示板の前で、泣くかと思いました(´Д⊂ モウダメポ

毎日のように会っちゃうから、悪い点を取るのが申し訳なくて・・・。

でも、そんな不出来だったのに見捨てずに根気強く指導してくださる
良き先生と出会えて、本当によかったと思います。

苦手科目も、どんとこいです! という感じで、緒方先生でした。

CVイメージは、大人な感じとフェロモン具合が
小西克幸さんとか谷山紀章さんだと思ってる。


『桜雪月蛍の書』
『拒の章』カテゴリーで

記録者・八月一日がお送りしました。
スポンサーサイト



別窓 | 拒の章 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<恋の章、人物語り | 桜雪月蛍の書 | 人物語り、前半総集編>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| 桜雪月蛍の書 |