FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
死のうは一定
2017-01-31 Tue 20:45
毎度お世話になっております。

第六百二十一訓
『七の段に気をつけろ』ループの
記録者・八月一日です。

今宵の記事タイトルは

死のうは一定、
 しのび草には何をしよぞ、
 一定かたりをこすよの


という信長が愛した小唄からです。

本能寺ホテルを見ようとしているからだったり
四月一日企画を進めていくのも
要素としてはあるのですが

一番は丸七年となる八回忌だからです。

以下そんな終末派遣会社みちしるべ兼業の

氏名:×××
(ほづみの本名)
所属:焼死部
備考欄:中堅死神。
端正な顔立ちでナルシスト。
無断で魂を持ち帰り、何度か停職処分を受けている。
たさつ死部に親友がいる。
#死神派遣会社しゃれこうべ
https://shindanmaker.com/692391

ママさんのサボり魔部下で
問題ありな美お局様らしい(笑)

リアルの八月一日さんの話です。

**************************************************
 

MIHARAMAKERを始めようと決めたのは

人間五十年で亡くなった
今月、八回忌となる身内のことが
きっかけです。

彼とは乙女ゲーム的に語れば

既に個別√を終えて
今の八月一日の年齢の時にはFDで
大黒柱になってからの交流です。

昔は地震・雷・火事・親父な序列でしたが
八歳くらいの頃にはチャンネル主導権すら
もう全くなくなっていて

ただ唯一、彼が譲らなかった
日曜20時には大河を見るという習慣は
八回忌の今でも変わらず残っていて

あの年、龍馬伝が始まってから
放送何回目かの日が
彼が見た最後の大河でした。

リアルの八月一日は
仕事があるから変えないんですが

時期に親のフラグで
苗字が三つめになるかもなんで

彼と一緒に暮らしていたのは
難波時代までの十数年で

争いフラグのない相続やら
何やら諸々と片付いて
再び龍馬伝を見る習慣が戻ってきた時

もし彼と同じく自分も
人間五十年の寿命だとしたら
後悔するのは何だろうなと考えて
出た答えが書くことでした。

小学校時代、図書館で
ティーンズハートから
文字多めのコバルト文庫へ移行し
歴史が好きになった原点である

頼朝の長女・大姫と
木曽義仲の嫡男・義高の初恋物語
倉本由布さんの水鏡を読んだり

野島伸二さんの世紀末の詩
7話の恋するコッペパンを見たり

柳美雨さんの雨と夢のあとに
ドラマ版とか見たりとか

基本ファザコン設定な(笑)
生と死の狭間の物語にハマりながら

桂花高校のモデルにしている
今は統合で某声優さんの母校となり
校歌は有栖川有栖さんが書いているという

大阪のキタと呼ばれるエリアより北にある
御堂筋線をwikiってみたら
駅番号M08の駅から徒歩18分らしい
学校付近と南町公園を歩いていた厨二時代

授業ノートの裏から書きはじめた物語を
完結する前に人生が終わったら
もう誰も続きを書く人はいないんだなあと

学校も仕事も家族ですら代わりはできても
未完で、どこにも進めなくなるなら

それが一番の後悔だなと思って始めたのが
MIHARAMAKERです。

身内に80代まで天寿を全うした
元結核生存者がいたからか
気管支炎レベルで風邪をひいたり

家系的には被爆三世というものだったりで
幸村の辞世の句ごとく

定めなき浮世に候へば
 一日先は知らざる事に候


なんて思いながらも
まだ余命宣告はされてないので

リアルの予定だったりを優先したりして
公開日がずれることもありますし(笑)

たまに何にも考えず
プレイしたい<書いておきたいものを
つくってる時もありますが

基本は公開日が寿命として
それまでに何を残せるのかを
MIHARAMAKERの心情としていたりします。

ごプレイいただける方は
そんなの何の関係もなく

「無理、読みにくっ!!」
なんて思われたら無理せず

同じように寿命がある同志
お気軽に護美箱にでも
供養いただけて良いのですが(笑)

初めの理想から何も変わらず
世の中に八人好きだと言ってくれる方が
いたらいいなという思いで

せめて平成の間や次の銀色週間までは
何とか変わらずと制作を続けております。

そんな八回忌は
法要として有名どころではないので

あの日と違って何も起こらず
変わらない日常を過ごして
八月一日としてシナリオ書いている
なんでもない日でした。

『桜雪月蛍の書』
『棚に埋もれし書物』カテゴリーで

三つ目の苗字は
自分でフラグを踏みたい

記録者・八月一日がお送りしました。
スポンサーサイト
別窓 | 棚に埋もれし書物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<アダマスの四終実況と仮面愛 | 桜雪月蛍の書 | 死神派遣会社しゃれこうべ>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| 桜雪月蛍の書 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。