FC2ブログ
ラインバーグ帝国録
2012-12-03 Mon 23:03
桜雪月蛍の立ち絵は
「とくだ屋」様から使用させていただいております。

それから、PVでもあったように
今回、新たに「樹乃樹」様が登場です。

なお世界設定は、こちらで確認ができます。

今回からは、他国の人物記録となります。

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆

モンドディーオ王とラインバーグ帝国

ラインバーグ帝国

世界神を名乗るモンドディーオは、世界西側をすべる帝国の王様です。

元々貧しい小さな農村・ラインバーグ村に生まれた少年は
革命軍を経て、今や世界の半分を手に入れています。

そんな王様が魔女と呼称するが
月許とは同盟を結ぶ、東の大国の女帝です。

ラインバーグ帝国はその前哨戦として
長年落とせずにいた中立国である月許に目を付け、

「自由」をモットーに
世界統一への足掛かりとして狙ってきています。


以下、ここからの紹介は
ある種ダークな展開な気がするので

念のために続きます…。

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆
 
教会組織・ヘルチェイン ヌロ/ウヌetc

ヘルチェイン

帝国が誇る教会組織。

国としての暗部の一切を引き受けているこの組織は
元々、ラインバーグ帝国に落とされた国の
戦災孤児として行き場をなくした子供たちによって構成されています。

この組織におけるルールは、たったの三つです。


1、目的を成すのための正義は悪であれ
2、失敗は死を持って購え
3、生き残った者が正義である


番号なしの「ムルタ」と呼ばれる存在から
番号持ちのウヌ(1)やクヴァル(4)があり、

その頂点に君臨するのが、0を意味する「ヌロ」です。

組織のトレードマークとしては
帝国の国旗を裏返しにした白と黒の十字。

その戦歴から、彼らはラインバーグの吸血鬼と呼ばれています。


・・・って、この帝国について色々と考えていってたら

そっち側のストーリーとか考えてしまっている八月一日ですヨ。

・この時代、世界の衣装はどうか
・『吸血鬼』が通じるのか、どうか

とかは、一切スルーですなんですけどね(・。・;

組織の「ヘルチェイン」は
そのまま、英語で「地獄の鎖」なんですが

(なにせ、滅亡させた国で行き場をなくした子供を
そのまま敵である国の暗部で暗殺者にしてしまうような国デス…(/_;)


ラインバーグという名前は、

八月一日が「ラなんとか」というカタカナが好きなんで
ニュアンスで、特に意味は考えずにネーミング。

一方で、モンドディーオとか
ヌロ、ウヌ、クヴァル、ムルタというのは

月許自体は平安時代ベースなのに
エスペラントを参考に使用しております。

※桜雪月蛍の本編でも色々と使ってはいますが
文法とか読み方は八月一日、間違いだらけなので参考程度。

モンド→世界、ディーオ→神とか
これ、ものすごく中二病っぽいお名前ですが

モンドディーオ王の本名を
フルネームをもじった名前になっております。

王様がモンドディーオと呼ばれるためにと
ものすごく後に考えたこじ付けなんですけどね…。


一体、何故貧しい農家に生まれたはずの少年が
今や(桜雪月蛍時点で)世界の半分を手に入れることができたのか…!?

現時点では一切不明ですけど
いつか、そんな帝国創世物語を書きたいなとか思います。

またいろいろと学んでから
エセ軍国革命の物語を、きろk・・・(゜_゜>)アレ?

というか、まずはこの桜雪月蛍の完成が目標ですね!

モンドディーオ王のCVイメージは
この桜雪月蛍時代は若本規夫さん、

若かりし頃は岡本信彦さんの感じ。

さらには、ウヌは沢城みゆきさんで
ユスタは下野紘さんダネ!

とかまで考えてしまっている八月一日は
この帝国が、かなり気に入っています。

『桜雪月蛍の書』
『月許外伝』カテゴリーで

記録者・八月一日がお送りしました。
スポンサーサイト
別窓 | 月許外伝 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<匡中国録 | 桜雪月蛍の書 | 力の章&愛の章、人物語り>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| 桜雪月蛍の書 |