FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
春と秋、狭間の季節
2012-12-26 Wed 22:36
記録者・八月一日です。

この『桜雪月蛍』というのは
桜が咲く頃に始まり、桜が咲く頃に終わる物語なのですが

途中、物語の進行上の都合により出てこない季節があります。

それが今回のタイトルでもある春と秋を繋ぐ季節、
つまりは『夏』になるわけなのですが

今回は、そんな方のお話です。

薄蛍 すすきほたる

この薄蛍さんというのはベテラン侍女さんであり
今まで色々なところでお仕えしているために
本当に色々なことを知っている「家政婦は見た!」的な女性です。

本当にあっちこっちでお仕えしているので
ありとあらゆる方とお知り合いだったりしますが
今は、主人公が暮らす秋宮(しゅんぐう)で侍女をしているお方です。

桜雪月蛍で、侍女というキーワードが出てきた場合は
ほとんどの場合がこの薄蛍さんなんじゃないかと思われます。

おそらくはこの物語の裏側を知り尽くしているであろう
まさしく空白の季節である、夏から秋の始まりを知るお方。

そうなると、そのあいだプライベートでも
この方は色々あったんだろうなとか思っている八月一日なのですが

そんなことまで考え出すとシナリオが一向に進まないので
あえて考えずにいる謎な侍女さんです。

いつもはCVイメージが
(勝手にですが)ある程度は定まっている八月一日なのですが

この方に限っては少女期くらいから、ずっと年齢を重ねていくために
毎回違う方のような気がするくらいなので、今のところイメージなしとなっております。
(紫式部とか清少納言とか春日局とか、そんなような方のような気がしますね(^_^;)

桜雪月蛍のメインキャラの親世代の青春を支えつつも
その子供たちの青春を見守るというくらいの関わりようです。

とはいえ薄蛍さんは、あまり出番が多いわけではありませんが
「ウォーリーを探せ!」のような気分で追っていると
また、別の楽しみ方ができるのではないかと思います。

『桜雪月蛍の書』
『月許外伝』カテゴリーで

外伝の外伝のようなニュアンスで

記録者・八月一日がお送りしました。
スポンサーサイト
別窓 | 月許外伝 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<過去と未来を紡ぐ者 | 桜雪月蛍の書 | 「アヤツリの紅い糸」の公開は終了致しました。>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| 桜雪月蛍の書 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。