FC2ブログ
真行草というカタチ
2013-01-23 Wed 20:17
今回も、全然『桜雪月蛍』とは関係ない話ですが

『裏語薄桜鬼』を知って
杉田さんが高杉さん!とか、テンションの高い記録者・八月一日です。
(いや、晋助さんでなく晋作さんですけどね?)

今まで『新選組側』の幕末ゲームはやったことがありましたが
政府側(?)のものは珍しいのではないかと思うので、とても楽しみにしています。

銀魂に加えて、そんな木曜日は

清川あさみさんとか武田双雲さんとか
申し訳なくもアニメでしか見ていないのですが、志倉千代丸さんが好きで

偶然『オデッサの階段』を見始めたんですが

ナレーションが、川澄綾子さんだったり、小山力也さんだったり
竹内順子さんだったりとかして、毎回楽しみにしております。

今回のタイトルも、武田双雲さん(だったはず)の回に

『文字の真書(楷書)・行書・草書』からきているという
『日本料理を美しく盛るコツ』として紹介されていて

そんな『オデッサの階段』の構成が、とても好きな八月一日です。

『桜雪月蛍の書』
『棚に埋もれし書物』カテゴリーで

キリストの布教活動が三年半だったとかいう話もあって
その期間で何ができるだろうかとか、ちょっと考えたりする

記録者・八月一日がお送りしました。
スポンサーサイト



別窓 | 棚に埋もれし書物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<平安時代とフェイント | 桜雪月蛍の書 | 埋もれすぎて、雪崩てた書物>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| 桜雪月蛍の書 |